最近向き合ってきた違和感に決着をつける。

ここ一ヶ月ほど、ずーっと持ってる違和感。
急いで結論を出す必要はなかったので、そのまま違和感と付き合っていた。

話飛ぶけど、今スマホから書いてて、やりにくい…。

話戻るけど、その違和感に決着をつけようと思う。

どういう決着かというと、

ある人との交流を今後しない。もしくは、本当に本当に必要な時だけの関わりにする。

これを本人に伝えようと思う。


何が違和感なのか、経緯を記そう。

その人(以下、太郎さん)は、すごい才能がある。
私もその才能のおかげで助けられた。

そこに異論はない。

ただ、人としてかなりハテナなところがあるのだ。


その違和感(ハテナ)は初めて電話で話し時から感じていた。


太郎さんとはツイッターで知り合ったのだが、彼は他の人ともツイッターで知り合って電話であるサービスを提供していた。


で、太郎さんが電話で話してた他の人というのが、たまたま私がいつも仲良くしてて、いつか本当に会いたいと思ってる花子さんだった。

太郎さんが花子さんとも話をしたことを聞いて、私の仲良しさんだと伝えた。

にも関わらず?

太郎さんは花子さんをディスりはじめたのだ。

確かに、太郎さんの言ってることはある視点からはそうなのかもしれないと思う内容だった。

だからその時は反論せずに話を聞いていた。


その日は違和感が残るものの、太郎さんのおかげですごく助かった部分もあるので、まぁいいかと思った。



しかし、電話を重ねるごとに違和感はどんどん膨らんでいった。


花子さんだけじゃなくて、私がツイッターで仲良くしていて素敵だなって思っている次郎さんや佳子さんのこともディスり始めた。


もちろん、私が仲良くしてるってことは伝えたのに。


ある意味で、腹黒さがなくてホントにただ思ってることを言ってるんだろうなと思う。


素直すぎるというか。

でも、聞いていて気持ちいい話ではないし、かなりモヤモヤしていた。


私の心情が全く想像できないんだろうなとも思う。
じゃなかったら言わなくない??


とにかく人をディスりまくるので、私も何処かでディスられてるんだろうなって思う。


それが違和感一つ目。



違和感二つ目はビジネスについての話だ。


太郎さんはとにかく自分の才能を使ってお金を稼ぎたいようだ。

それ自体は問題ない。


ただ、そのやり方がかなりハテナで。


この違和感も初めて電話で話したときからあった。
とにかく「ビジネスっいうのはこういうふうにやっていくモノ」という事を話しと、私にも稼がせてあげるという趣旨の話もしてくる。

そのやり方が私の知っているやり方とは全く違う。


確かに、そういうやり方もあるだろうけど、私にはそれじゃない感が半端なかった。


しかし、お金を稼ぐことに関して何の実績もない私は、反論せずにまた話を聞いているだけなのだった。


「やり方」と書いたけど、根本的な「あり方」の問題だな。


私がここ数年、見たり聞いたりしてきた働き方の真逆のような感じ。


私がここ数年見たり聞いたりしてきたものは、いくつかあるけど、例えば「NEXTDIMEMTION」という幸せな働き方のための講座とか。

こちらはオンラインで受けられるコースとその続編も受講した。


講師の小田さんから学んだことは沢山ありすぎて書ききれない。


私はまだ収入を得るという成果は殆ど出てないけど、夫婦関係や生き方に多大すぎる良い影響があった。


これに出会ってなかったら今、自分相当やばかっただろうなって思う。


で、その講座の中で小田さんが

稼ぐ仕組みづくりとかノウハウに走ると最初は上手く行くかもしれないけど、行き詰まる。もしくは、幸せな働き方にならない。お金は入ってきても人間関係がおかしくなったりする。
まずは温かみのある人間関係が大事!

と言ってた(はず)


あとは、
仕事で関わる相手ってホントに濃厚に関わるから、実際の男女の関係とかそういうのではなくても、セックスするくらいエネルギー交流が起こる。
そのくらいのエネルギー交流したい相手かどうか。

みたいなことも言ってた(はず)
こっちは記憶が曖昧すぎる、言ってないかも。笑


まぁ、小田さんがそう言ってようが、言ってなかろうが
私はそう思っている。

堀内恭隆さんも似たようなこと言ってた気がする。

他にもいろいろ学んだことはとても参考になり、こういう働き方っていいな〜!って思いながら、できることは日々の暮らしの中で実践していた。


そんな私の価値観と太郎さんの価値観はとにかく違うのだ。

太郎さんの言うビジネスってとにかく冷たく感じる。人そのものを見るのではなくて、人をお金で数えてる感じ。


なんだろう、太郎さんと話していると凄く奪われた気持ちになるのだ。
実際はそのサービスを提供してもらって効果もあるにも関わらず。


私の気持ちは完全に置き去りで、

「自分はすごい才能のがあるし、商品も作れるからそれであなたにも稼ぐチャンスをあげるよ」

という事を何度も言ってくる。

そこに関して、「悪い話ではないけどちょっとなぁ」という反応をこちらから返すと、「チャンスなのになぁ、勿体無いよ〜」みたいな感じで返ってくる。


そんな感じてずーっと違和感があるまま、しばらく過ごしていた。


もっと早く決着つけても良かったのかもしれないけど、何となく、その違和感をもう少し見てたかったのだ。


そしてとうとう決着をつけたくなってきた。


きっかけは、昨日、LDMレベルアップクラスを受けたからだと思う。多分。

昨日は、自分の理想の状態を潜在意識に聞いていった。その時感じたエネルギーの状態で過ごしてみてって言われ、昨日は出来るだけそのように過ごした。どんなときにそう過ごせるか、どんなときにそう過ごせないのかなども観察しながら。


そうしているうちに、やっぱり太郎さんと関わるのはやめたいという気持ちが強くなってきた。


ちなみに、私が太郎さんにモヤモヤするのは、自分の何かを彼に投影しているからで、そのことでインナーチャイルドワークやったりもした。


やはり、自分でも認めたくないような驚くような「とらわれ」がいろいろと出てきて面白かった。


自分があり得ないと思う相手って、自分にすごい気づきや変化をもたらしてくれる人でもある。

だから、違和感持ちつつも交流を続けていたのかも。


あとは、太郎さんに対してジャッジがある自分を自覚してたからこそ、何とかそのジャッジが消せたらいいなぁって思ったりもしてた。


しかし、もはやそれはどうでもよい。


嫌なものは嫌だ。
好きじゃないものは好きじゃない。
理想の自分で過ごしてみたとき、太郎さんは私の世界には必要ないって思った。

正直ちょっと未練はあるけど。

太郎さんとセックスくらい濃厚なエネルギー交流は、したくないのだよ!!
無理なんだよ!!


とにかく、彼にはっきりNOを伝えたい。
そういう気持ちになった。


またしても話飛ぶけど、

ジャッジとか、違和感とかぐるぐる考えてたら、
ツイッターで壇珠さんがジャッジについてのツイートしてるのを見たり、フェイスブックで本郷綜海さんが違和感について言及してるのを見たりした。

しかも、開いた時にタイムラインの一番上にパって表示されたんだ。

これはシンクロ〜??


話を戻そう。


そういう訳で今日の夕方、太郎さんと話す機会があるのでちゃんと伝えたいこと伝えよう。

問題はちゃんと言えるかどうか。笑


私、キャッチセールスとかは話聞くだけ聞いてキッパリ断ることができる。

しかし、今回は関係ができていて、しかも、「お世話になったしなぁ」みたいな気持ちもある。

そして、いつも電話では太郎さんの才能は認めてたし、ビジネスの話もフンフンと聞いてたので、太郎さん的には「まんざらでもない感じの千の晴れ」と見られているのではないか?笑


こういう場合は非常にNOが言いづらい。
これって自分の気持ちより相手の気持ちを優先しようとしてるんだろうな。


太郎さんは別に私がNOと言ってもそんなことどうでも良くて、たくさん一緒にビジネスする人達はいるから何も気にしないだろとは思う。
お金稼ぐ事で頭いっぱいだから、断る私には構わず行くと思う。きっとそうなるだろう。何も問題はない。

まぁ、全部私の思い込みだが。


はい!!
めっちゃ急だけどこっからは後日談、後日談と言っても今太郎さんとの電話終わったばっかりだけど。

本当は太郎さんと電話する前にもっと自分の心情を書きたかったけど仕事でできくなったのだ。


それで電話する予定の時間になって、今終わった〜。



ちゃんとNOを言えた!

やったね♡
ただし一部YESだったので後でそれもお断りしようかな。


まだまだ書きたいことがいっぱいなんだけど、私は記事は一気に最後まで書き上げたいタイプらしい。


一旦ここで切り上げよう。


あ、このままだと太郎さん悪い人みたいだけど全然そうじゃない。
あくまでも価値観が違うだけ。
そして私は太郎さんが好きか嫌いかといえば、
嫌い!!

誰かを嫌いって言ったの初めてかも。
成長したなぁ、私。

元彼がストーカーになった時でさえ嫌いになれなかったのに。


あと、もう一つ!
私は崇高そうなビジネスだけが良いものだとは思ってない。
お金はいらないから人の役に立てばいいとも思ってない。
(でも、どうも潜在意識はお金が汚いとか、清貧がいいと思っているフシはありそう…)

なんだろ、やっぱり花子さん、佳子さん、次郎さんをディスったのが一番嫌なのかも。

だって、太郎さん結構サービス精神旺盛だし、親切なところもあるんだよな〜。


ディスりにはとにかく引いてしまったし、腹がたったよ。


終わり!!


※この記事に出で来る太郎さん、花子さん、次郎さん、佳子さんは仮名です。

小田さん、堀内さん、壇珠さん、本郷さんはそのままのお名前です。


スマホから書いたけど、文字数どのくらいになったかもわからず、全体像も見渡せないので非常に読みにくい内容になってるかも。

もし最後まで読んだ方がいたら、ありがとうございます!!