1000の晴れ

そのまままの自分で生きる私の素直な表現

私の太陽星座やぎ座について独断と偏見で語る。

体調悪くて昨日の昼寝てたら夜寝れなくて睡眠不足。

ちょっと疲れてるけど。太陽星座やぎ座について書きたいんだ。

 

そういうわけでやぎ座について。

 

私はそのサインの特徴を読んだときに、ときめく人が一番少ないのがやぎ座だと思っている。独断。

 

これは自分の太陽がやぎだから、余計にそう思うのかもしれないけど。

それを差し引いてもだ。

やぎ座でときめく人ってそうそういないだろう。そんなことない??

とにかく楽しくなさそうな言葉の羅列に「嫌だ〜!」ってなる。

 

真面目、努力、責任感、忍耐強い、厳しい、悲観的…。

 

上記のような言葉はやぎ座の特徴として挙げられてて、これ読んでいいなって思う人いないと思うんだ。その性質自体が悪いというよりは、とにかく楽しそうじゃない。

 

で、私は太陽星座がやぎ座。

「太陽」は自分の人生の目的、自分らしさ、自分らしく生きるときに目覚めさせていくもの。そう言った意味合い。

 

やぎ座のワードが自分らしさって言われても、嫌だとしか言いようがなくて。

上のワード読んで楽しい感じはしないと思うんだけど、「自分を生きるとき、ホロスコープ的には、そういった要素を自分が切り開いていかなきゃならないんか、うぅ、キツいなぁ」と思う。

胸の辺りが不快感すら出てくる。

もう本当やだ。

 

でも、やぎ座の本質ってそういうお堅い楽しくない印象とは別のところにあると思うんだ。

 

五感が優れていて、本物思考で、芸術的センスがある。

 

そういうのもやぎ座的なんだけど。

 

で、本当にやぎ座が嫌すぎて嫌すぎて、ここのところずっと色んな情報に触れたりもして、考えていた。

 

よくよくやぎ座のキーワードとか、やぎ座の本質的なところをみていくと、本当にそれができたら自分の人生すごいことになるのでは?と思えてきた。やりたくないし、できる気もしないけど。

 

石井ゆかりさんのやぎ座に関しての文章で

山羊座の優れた肉体感覚と現実認識に基づく肉厚なクリエイティビティは、
説得力のある発信手段をかならず発見し、確実に顕在化します。
他人をモノ扱いしない限りにおいては、
山羊座の願いは、
必ずかなう
と言い切って差し支えないとおもいます。」

というのがあって。

 

山羊座の願いは、必ずなかう」

石井さんがここまで書くなんて、って思った。

そして、私が一番なりたいやつじゃんそれ、って思った。

 

やぎ座は現実にする力に優れてるっていうけど、それ。

私に一番ないと思っているやつ。

 

そうなれたらいいなって思う。けど、しんどい。

それにしても、「他人をモノ扱いしない限りにおいては」 が効いてる文章だな。

 

そして、やぎ座の性質として書かれてることで、特に自分がしっくりこないところに対しての考えが浮かんで。

 

やぎ座って「なんにでも地道にコツコツとできる」とかよく書いてあるけどそれって違うと思うんだ。どこが違うかって、「なんにでも」の部分。

 

「なんにでも」じゃないと思うぞ。そんなわけない。

まぁ、私は太陽やぎを受け入れてないし、うまく使えてないけど、それでも「なんにでも」はないだろう。

 

じゃあ、なんに対してなら地道にコツコツできるのか?

 

それはもう、自分の人生そのものとか。

自分が追求したい本質的なものとか。

自分が心地よいと思えるもの、好きなものに対して。

自分の望んだライフスタイルとかもそうだし。

 

うん、しっくりきた。

やぎ座は「なんにでも」努力できて、忍耐強くいられるわけではないだろ。

自分の人生を楽しく喜び溢れたものにすることに対しては、ストイックで真面目で努力家なんだ。

 

自分がどんな人生を生きたいか、どんな世界を作りたいかには、いっさい妥協せず、取り組んで結果を出そうとする。

そこには対してはとても真面目。そういうことじゃないか。

 

だって本質的なことじゃないものには全然興味ないし、そんなものには努力を注げないよ。

 

私は太陽やぎを使いこなせてなけど、それでも、自分の人生に対してはストイックで真面目だなって思った。

 

だって、仕事も自分の喜びがないもの、あまり社会の役に立ってないと思うものは条件が良くても辞めたりする。

(まぁ、強制終了になるんだけど。笑)

フルタイムで働いてた最長は4年。あとは3年とか2年とか。それで、私って1つのことをコツコツ取り組めない人なんだって思っていたけど。

 

もっと大きな視野で見たら、自分の人生に対してはとっても真面目じゃん。

そこに嘘つけないもん。大真面目だな。

 

それに、どうやったらよりよく生きられるかとか、そういうことには散々取り組んでいるから。そういのは気づいたらコツコツやってることになるけど、でもそこに全く努力とか感じない。

 

うん、やぎ座のキーワードたちに少ししっくりきた。

 

 

「やぎ座は地位や名誉を求めて努力する」も違和感ありありで。

他の星の影響とかもあるだろうけど、それはまぁ置いといて。

 

私、地位とか名誉は興味ない。

 

で、やぎ座がなんで地位を求めるか考えてみた。

 

よく書いてあるのは承認欲求、「認められたくて地位を求めます」だけど違うと思った。

 

多分、地位や名誉があった方が都合がいんだと思う。

地位や名誉を使うと色んな物事が有利にスムーズに進むということじゃないかな?

 

無名の人と地位がある人、どっちの方が自分の意見やチカラが社会で通りそうかで考えたら、地位がある人だと思う。だからだ。

 

「使えるもんは何でも使う」って感じ、実にやぎ座っぽっくない?

 

地位と名誉を合理的、効率的に使う。

 

認められたいから求めるというのよりも、こっちの方が私にはしっくりくる。

 

 

もっと書きたいんだけど、さすがに疲れた。

 

つづく。

 

前の記事↓

自分の星を読む。3区分と4つの元素など。

自分の星を読む。AscとかDscとかICとかMCとか。